ホーム     生 体    インフォメーション
 

“ミニファーム”はカメを中心とした繁殖に取り組むブリーディングファームです。
種類は少ないですが、行き届いた管理を心がけ飼育を行っております。
また、繁殖個体を中心に販売も行っております。
お求めやすい価格でご提供できるようにがんばりますので、よろしくお願い致します。

※ 生体の引き取りや買い取りも行っております。  どんなことでも、お気軽に問い合わせください。 

                                                                                                                                                                                                                         

 お問い合わせは、E-Mail minifarm2006@yahoo.co.jp までお願いします。  

 メールでのお問い合わせには、翌日までにメールにてご連絡を差し上げています。
 お問い合わせ後2日経ってもメールが届かない場合は、お手数ですが再度ご連絡願います。

 ※ メールを送信する際は、必ずお住まいの地域とお名前をお知らせください。
 ※ せっかくメールを頂いても、携帯アドレスなどの場合、こちらからメールが送信できないことがございます。
    上記アドレスが受信できるようにメールの設定をご確認ください。 

お客様へ】
 ホームページを開設以来、多くのお客様からの誠意あるご対応に感謝致しますm(__)m
 お客様のご期待に添えるよう、当方も全力で頑張っております。
 しかしながら、一部の方のマナーを欠いた問い合わせや、自己中心的な注文・キャンセルに振り回され、本当にその生体を
欲しいとお考えの
 お客様にご迷惑をお掛けしたこともあり、非常に残念です。
 そのため、自己中心的な方からのご注文に対して販売をお断りすることもありますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い致します。

                                                                                                                                                                                                                                    

 【3/29更新】

キボシイシガメ2018mfCB、2019mfCB
※推定性別は孵化温度から推定したものですので、保証するものではありません。ご参考程度に…
 

【No.1】 26,000円
2019年CB 推定オス 甲長26mm 腹甲
昨年末に孵化して冬眠していた個体です。
【No.2】 25,000円
2019年CB 推定メス 甲長48mm 腹甲
尾切れあり
【No.3】 23,000円
2018年CB 推定メス 甲長58mm 
腹甲
甲ズレ、尾切れあり
【No.4】 28,000円 売約済み
2018年CB 推定メス 甲長66mm 腹甲
尾切れあり

◆ヨーロッパヌマガメ
※推定性別は孵化温度から推定したものですので、保証するものではありません。ご参考程度に…
※尾の状態等、画像にてご確認ください。


イエロータイプ 2019mfCB

【No.1】 9,000円
甲長27mm 腹甲
尾先の切れあり

【No.2】 15,800円
高校41mm 腹甲


バルカンヌマガメ 2019mfCB

【No.1】 15,800円 
推定オス 甲長63mm 腹甲
【No.2】 12,800円
推定メス 甲長38mm 腹甲
【No.3】 12,800円
推定メス 甲長40mm 腹甲

【No.4】 9,000円
推定メス 甲長39mm 腹甲
尾切れあり

【No.5】 9,000円
推定メス 甲長52mm 腹甲
尾切れあり

【No.6】 15,800円
推定メス 甲長38mm 腹甲

 

_________________________________________________________________________________________

以下、過去の販売個体

スジクビヒメニオイガメ 2019 mfCB

甲長:25mm  参考画像 16,800円 売り切れ

ヨーロッパヌマガメ 2019 mfCB
 バルカンヌマガメ @14,800円 売り切れ

ヘルマンリクガメ 2018CB 9,000  売り切れ
 
甲長:77mm 
 
お客様の飼い込み個体で、大変元気です。

ミスジドロガメCB 4,500 売り切れ 
 
甲長:82mm 
 お客様の飼い込み個体で、大変元気です。

★ミシシッピドロガメCB  3,000 売り切れ

甲長:34㎜ → 44㎜(7/5) → 53㎜(8/15) 
どんどん成長しています。

放出!★ キボシイシガメ 2016CB オス 58,000円  → SALE 48,000円  売り切れ

甲長:94mm 
貴重な即戦力のオス個体です。

★ロシアリクガメCB  9,800円 売り切れ 
甲長:約10.5cm 
春先より屋外飼育で、状態は良好です。

◆ヨーロッパヌマガメ・イエロータイプ 2018mfCB 14,800円 ⇒ 売り切れ
甲長:約 25㎜~ 推定オス、メスおります。
バルカンヌマガメとして入荷した個体(オリーブ色~黄色系)のベビーです。
成体の甲長は14cm前後です。

★ヨーロッパヌマガメ(南イタリア個体群) 15,800円    売り切れ
 甲長:32~33㎜
 成体は甲長12~13㎝程度でそれほど大きくなりません。詳しくはこのページの下の方にある【生体の紹介】をご覧ください。

◆ヨーロッパヌマガメ・イエロータイプ 2015mfCB 15,000円 完売
昨年生れた個体です。甲長:7~8.5cmで性別は分かりません。
飼育に伴い尾先が丸くなっています。

キボシイシガメ2016mfCB 極美個体(売り切れ)

美! キボシイシガメ2015mfCB  売り切れ
昨年生まれたとっておきの個体を放出します。(甲長:57mm。尾先がわずかに切れています。)

 

★ヨーロッパヌマガメ(南イタリア個体群)2015mfCB

①美個体  売り切れ
上の画像の左側の個体です。右のノーマル個体に比べ美しさが際立っています。
これだけ黄色が強い個体は初めてです。(性別:オス、甲長:91mm。尾先が少し欠けています。)

②ノーマル個体 売り切れ
上の画像の右側の個体です。(性別:オス、甲長98mm。尾先がわずかに欠けています。)

 生体の紹介 


★キボシイシガメ 

  成長しても甲長が10?ちょっと。黄色いスポットが綺麗で日本の気候にもマッチしているため大変人気の種類です。

  当ファームではスポットの多い綺麗な種親を揃えていますのでベビーのグレードもそれなりに高いです(*^_^*)
 

★ ヨーロッパヌマガメ(イエロータイプ)   
  亜種や地域変異が多い種なので、亜種の公言はできませんが、ほとんど流通しない黄色いタイプです。
  成体の甲長は12〜13?程度とあまり大きくならず、全般的に地味な色調の本種にあって、黄色で綺麗な本タイプは、
当ファーム
  以外では、あまり見かけないためか人気もそこそこあります。この種に興味がある方にはお勧めです。

【参考画像】 左から 2011mfCB、2012mfCB、2013mfCB

     
★ヨーロッパヌマガメ(南イタリア個体群) 希少!
  輸入時のインボイスが全くあてにならない本種ですが、信用ある有名ブリーダーが十年程前にハンドキャリーで輸入した産地が
  特定できる希少なタイプです。(本種に詳しいマニアからは新種として記載された個体群ではとの見解も…。)
  いずれにしても、産地が特定できる国内では希少なヨーロッパヌマガメだということには変わりなく、また、国内では見かけない
  タイプです。成体の甲長は12〜13cm程度です。

     
★スジクビヒメニオイガメ
首のラインが美しく、繁殖も難しくないため人気の高いカメです。ただ、繁殖は難しくないのですが供給はそれほどないように
感じます。
動きがコミカルでメス同士は協調性が高いため複数飼育の方が楽しめると思います。




 
 

  

飼育風景(屋外の親たち)   

日光浴をするキボシイシガメ達。 上…メスの背後をうかがうオス。
下…餌に群がる。どの個体も元気!

日光浴をするイエロータイプのオス。 陸地で過ごす南イタリア個体群のトリオ。

通年を屋外で飼育しています。

 

飼育風景(2011年ミニファームCBたち)

昨年の夏〜秋に生まれたキボシイシガメ、スジクビヒメニオイガメ、ヨーロッパヌマガメ(2タイプ)のベビーとメダカを混泳させて、飼育していました。(2012年春)

 

 悲しい出来事…

2014年10月20日の未明、屋外の飼育池が荒らされ、カメたちが無残な姿に…
ヨーロッパヌマガメ7頭を失い、4頭は四肢の一部を失った。
その状況は残酷すぎて、言葉では表現できない。
奇しくも今年の7月、ヨーロッパヌマガメなどの紛失に合い防犯カメラを設置したところだった。
そこに映っていたのはカメを食い荒らすアライグマだった。
この辺にアライグマが居ることなど聞いたこともなく、青天の霹靂。
勉強になったと言うには代償が大きすぎるが、同じ悲劇が二度と起らぬようにするしかない。
前日まで、元気に泳ぎ回っていたカメたちを思うと、ヤツが憎らしくてたまらない。
でも、人間の身勝手で野に放たれたヤツも必死で生きているのだと思うとヤツを責めることもできない。

皆様に同じ思いをして欲しくありません。
屋外飼育の方々、くれぐれもご注意ください。

 

inserted by FC2 system